FC加盟店の声

お客様の安心・安全という企業責任を第一に地域ナンバーワンを目指す

  • 株式会社 ロングライフホーム
  • 林智明社長
  • 加盟エリア:ユニバーサルホーム長崎時津店
  • ユニバーサルホーム諫早店
  • ユニバーサルホームハウステンボス店
  • 加盟年月:2003年11月
株式会社 ロングライフホーム 林智明社長

モデルハウス外観

ユニバーサルホームに加盟されたのはどういった理由からですか?

実はユニバーサルホームの加盟に際してはいくつかのFCを検討したんです。
その中でもFCとして機能していると私達が感じたのは数社。
その数社について更に詳細の検討を重ねまして、ユニバーサルホームが一番加盟店へのバックアップ体制やお客様への支援体制がしっかりしているように感じました。
ユニバーサルホームが一番お客様目線でいろいろなことに取り組んでいるように思えたんです。あともちろん知名度の部分もありましたね。

加盟されてどのような部分にメリットを感じて頂いてますか?

やはり認知度・ブランド力ですね。
一工務店としてよりも「ユニバーサルホーム」という看板があったほうが、お客様はもちろん協力業者の方々からの信頼も上がります。
あと販売は当然私たちが行うわけですが、ユニバーサルホームとしての商品力・技術力・現場の管理体制等のノウハウはとても重要です。
開発などは自分たちでできる部分もあるかもしれませんが、それをするとなると時間も手間も経費も非常にかかります。 これを本部がやってくれるので現場の私たちには時間のゆとりができる。
そのゆとりの部分を営業やお客様のフォロー、アフターサービスなどに力を注ぐことができる。そこにもメリットを感じてますね。

株式会社 ロングライフホーム 林智明社長
フランチャイズに加盟して成功する秘訣はどこにあるとお考えですか?

FCに加盟しただけでオートマティックに契約が取れる、売れるというわけではありません。
私はFC本部が打ち出した大きな流れを地域に応じてアレンジ・工夫していくことが必要だと思っています。
ユニバーサルホームの看板・商品力を手にしたら、商品などの内容を熟知して地域の皆さんにかわいがって頂くようにすることが大事だと思います。
あとはFC本部の指導・支援はもちろん、私が一番感じたのは近隣オーナーさんの温かいバックアップですね。
ユニバーサルホームのオーナーさんはライバルというよりも同志。
グループ全体の向上のために私のような新人にも非常に温かくいろいろなアドバイスをしてくれました。

これからの目標をお聞かせください。
地域1番店になるために努力していきたいと思っています。
あと、目標とは少し違うかもしれませんが、企業責任をまっとうするために存続し続けていける会社でありたいと考えています。
お客様が私共と契約して建築してくださるということは、私たちとお客様が約束を結んだということ。
お客様が長い期間のローンを組んで買われる高い買い物なのですから、
その期間きちんと会社を存続させて、きちんとお客様との約束を果たさなければいけないと考えています。

FC加盟店の声の一覧へ

このページの先頭へ